忍者ブログ
へたれあくあ、無謀な初GMの顛末記
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

首をなが~~~~~~~~~~~~~くして待っているんですよ、局地戦。
Lv40・容積膨大・航続距離激短、しかし結構な迎撃戦力になるという噂の局地戦。
空母好きなあくあは心待ちにしてるんですよ・・・
あくあがNF始めてから実装された航空機って言えば意味無し役立たずの輸送機だけ。
初めて実用的(か、どうかは疑問も残るけど)な新機種の局地戦なのに・・・
運営のHPにグラフィックが出てからが長すぎる!

日本の震電は結構有名ですよね。日本機だからかしれないけど。
九州飛行機って会社の製品で実際に試験飛行はしたらしい、その後すぐ終戦だったけど。
エンテと呼ばれる先尾翼機で見た目からしてかなり特殊な飛行機。

ドイツのHs P57
実はあくあは初耳の機体。で、早速ググッて見たところ・・・
震電に似ててエンテ機なのは良いとして・・・え?なに?コイツ双発機???
エンテなのに、見た目単発機なのに双発機?しかも垂直尾翼が機体下部にあるって?
全く・・・ドイツってやつは。
(ちなみに風洞実験止まりで、試作機すら製作されなかったそうな・・・)

アメリカ・XP-55
コレも震電っぽいというか、Hs P57っぽいというかのエンテ機。
試作1~3号機まで作ったけど、低性能でパッとしなかったからお蔵入りになった機体
だそうな。


イギリス・フライングパンケーキ。
全くもって悪い冗談としか言えない様な機体とネーミング。
いくらなんでも『空飛ぶパンケーキ』は無いだろうよ。
しかもコイツ、試験飛行中に『未確認飛行物体(UFO)と勘違いされた』という逸話
(しかも実話らしい)を持っている。
それで変態の国、イギリス機に廻されたのか(違うだろうケド)

こうしてみると、実機も一癖二癖ありそうな機体ばっかり、でも楽しそうです。
何はともあれ、新型機が待ち遠しいあくあでした♪


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/09 あくあ]
[02/09 あくあ]
[02/08 de077]
[02/08 あくあ]
[02/07 ガメラ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
へたれ部隊長あくあ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]